1. HOME
  2. 学部?大学院
  3. 学部
  4. 学科?専攻案内(2~4年次)
  5. 史学科

史学科Department of History

歴史を楽しく学ぶことを通して、現在と未来のさまざまな問題に対処できる力を養います。

学科サイト

歴史とは、過去の人々の智慧と努力、成功と失敗の巨大な集積です。私たちや社会はこれからどこへ向かっていくのか、より良い未来のためにどう行動するべきか。社会や価値観が激しく変化する現代において、そうした疑問を解決する手掛かりは、歴史の中に見出すことができます。史学科では、歴史を多面的な視点で捉えることで新たな気づきを促し、現代を見つめ、未来の問題を解決する力を育てていきます。

学科の特徴

1歴史上の出来事の原因、結果を追究、問題解決能力を養う

過去の出来事を、さまざまな資料から正確に理解した上で、なぜそのような出来事が起きたのか、その後の社会にどのような影響を与えたのかを、多様な視点や発想から考えていきます。こうした体験によって、現代社会のさまざまな課題にも対応し、解決していく力を身につけます。

2時間的にも空間的にも幅広く学ぶ、多彩な授業メニュー

古代から現代まで、アジアからヨーロッパまで、さまざまな時代や地域、分野に関する授業が開かれ、幅広い知識を自身の関心に応じて学ぶことができます。また時代や地域の枠を超えて、特定のテーマを歴史学の視点から分析していく授業も用意されています。

3丁寧な指導と、主体性が身につく学外活動

2年次生の入門ゼミや、専門性を深めた3?4年次生のゼミのほか、文献講読?史料講読といった授業を用意し、学生一人ひとりの適性と進度を見極めた丁寧な指導を行います。また学外での活動や研修の機会も数多く設け、学生の主体的な学習姿勢を促していきます。

学びの分野

日本史コース

日本史の教員全員が授業を行う2年次の演習を経て、3?4年次には古代史、中世史、近世史、近現代史のいずれかのゼミで専門的なim体育官网_im体育平台-app|下载を行う。史料を的確に分析するため、さまざまな授業で漢文、候文(そうろうぶん)、くずし字などの史料の読解力を身につける。

学びのキーワード
  • 日本古代史
  • 日本中世史
  • 日本近世史
  • 日本近現代史

世界史コース

2年次に演習で広範な知識を学び、3?4年次には東?東南アジア史、南?西アジア史、フランス史、イギリス史、中欧?東欧史、アメリカ史のいずれかのゼミでim体育官网_im体育平台-app|下载を進める。また、関連する言語について文献講読の授業があり、原典の読解を通じて広い視野を獲得し、自らのテーマを多面的に探求する。

学びのキーワード
  • ヨーロッパ中世史
  • ヨーロッパ近代史
  • ヨーロッパ現代史
  • アメリカ史
  • 中国近代史
  • 西アジア史

史学共通科目

日本史?世界史の枠にとらわれず、例えば衣服やすまい、災害と地域社会、チャリティーなど、社会?文化?生活に関するさまざまなテーマを、歴史学の方法によって見ていくと、どのようなことが分かるのかを考える。

学びのキーワード
  • 教養としての歴史

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

学びの流れ

卒業後の進路

本学科の卒業生は、企業、官公庁への就職や、学びを深めるため大学院に進学する学生もいます。企業では、金融、IT関連、メーカー、運輸、マスコミ、医療などに就職実績があります。教職課程を履修して教員になる人、博物館学芸員課程を履修して博物館に就職する人もいます。

卒業後の進路
【その他】
食料品?飲料?たばこ?飼料製造業/化学工業?石油?石炭製品製造業/保険業/その他の教育?学習支援業/宗教/地方公務

取得できる免許?資格

  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 司書教諭

活動紹介

教員紹介

石原 比伊呂

日本中世史、室町時代の公武関係史

印出 忠夫

ヨーロッパ中世史、キリスト教史

大西 吉之

ヨーロッパ近代史、オランダ近世の社会経済

桑名 映子

ヨーロッパ近現代史、ハプスブルク帝国史

齋藤 久美子

西アジア史、オスマン帝国史

佐々木 恵介

日本古代史、律令国家の官僚制

芹口 真結子

日本近世史、近世仏教教団の活動

土田 宏成

日本近現代史、災害や戦争が社会に与えた影響